2015年01月14日

。値段は20〜50万とRox

た。値段は20〜50万とかついているのに、目で確認できるだけで、良い状態とは言えない場所がたくさんありました。これはバロックとして販売するには中途半端な商品ですね。どちらかと云うと、本の少し難点が有って連のネックレスから外された微妙な珠を繋いだネックレスのレベルだと思います・・・。バロックは二通りの使われ方をしていて、そのいびつな形が魅力的と言えるほどいびつなものと正円ではないからバロックと言っているだけのものとあります。後者は単に規格落ちの品なので価値としては安くなります。リンク先のはセミラウンドというには楕円なすぎるものが含まれていますのでセミラウンドとしては売ったらまずいレベルかと思います。ンジュエリーみたいな彫りがいっぱい入っているものがいいです。アクセサリーはデザインに対してよほど執着がない限り振り切ったほうがコーディネートしやすいですしほかのものと組み合わせておしゃれに見えたりする気がします。好き放題言わせて頂き申し訳ありません。せっかくの40周年のお買い物なので誰が見ても素敵に見える、使いやすいアクセサリーを買っていただけたらと思っています。良いお買い物となりますように^^個人的にこのデザインは、成金ぽかったりヤ○ザっぽく見えるので、いただけないです。ホワイトゴールドの台は良いと思いますが。品なく見えてしまうのは、太めの台座に丸の中にイニシャルという組み合わせの問題でしょうかね?太めの指輪の台座の中にイニシャルがデザインされてるとか、そういう方が良いのかな?とにかく、太めの台座に丸く平になってるあの感じが、ちょっと…。18K(K18)は18金WGはホワイトゴールド(銀色)YGはイエローゴールド(金色)PGはピンクゴールド(ピンクがかった金色)18KWGは18金のホワイトゴールド18KPGは18金のピンクゴールド18KYGは18金のイエローゴールドK10なら10金、K24なら24金。ホワイトゴールドは金75%、パラジウムやニッケル等25%の合金で、それにロジウムメッキをかけてプラチナ色にしています。ピンクゴールドは多めの銅と銀との合金。イエローゴールドは銅少なめと銀多めの合金。イエローゴールドにも青金等と言われる配合違いの物もあります。要は、ホワイトゴールドは合金にロジウムメッキがけ、ピンクゴールドは赤みがかった銅との合金、イエローゴールドは金の色を生かした色って感じですかね。WGはホワイトゴールド、色はシルバーYGはイエローゴールド、色は金色PGはピンクゴールド、色は銅をツヤめかせた感じで、一般的なピンク色とは異なります
brandの意味ブランド @0107
posted by daka at 16:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。